Complications

Dear friends, families and my benefacotors, (日本語は下にあります、英語と少し違います)
I have only just realized I  only posted about my surgery on FB. So here is the renewed version of where we are at. The truth is, it’s been really tough and I didn’t want to subject you to what I was going through- it’s hard for me to see friends worry and be sad.
The good news is that my surgery went well, thanks to the world’s renowed doctor Contreras and his excellent and caring team. Originally I was told “let’s just aim for making the quality of my life better”, rather than trying to remove tumor completely at the expense of everything else (like my body’s ability to sustain the surgery, I suppose). Instead, they were able to remove the tumors in my breast 100%. Everyone is very pleased about this.
So for the first few week I was bed-ridden and in total almost a month I could not go out of my room. I have been moving my feet and hands, as well as any other area I could possibly move, and now I am able to sit and walk for a short distance. This has made a huge difference in my life here.
Since everyone has been talking to Mike whenever he went down to the cafeteria, when I started going down to the communal area everyone already knew my name, and what I was going through. It is a giant emotional support web. This week I have been able to have more meals downstairs with everyone, and feel a lot more human again.
However it’s been a series of one complications after another since my first surgery. Like I said before every time I hear this news (that the culture came back not so great and it may well be another 20 days or more of waiting)  I  cry like a baby- but angels are always sent to my way: Mike had worked very hard to secure a room with balcony for us- as the lovely old couple was leaving in a few days. Now I can have the sun and the view when I need.

For those of you interested in more about the treatment, I have also started what is called the  Ozone Treatment, which directly works on the rest of the tumors in my body. It was in the original treatment plan but they chose not to until both my surgeries are donw- then they discussed and figured it may actually help with the infection as well.

The policy here is starting with lower dosage so it’s easier on the body especially like someone small like me.

This wait is all because they suspect that I had caught an infection possibly at the hospital in Japan before I left. Whatever it is, it’s very resistant to antibiotics.
So from the beginning I was told I need two surgeries and we have been on 3 different antibiotics, waiting for the infection to clear. The doctors tell us that my skin is healing super well and bacteria is very weak and hardly any, it’s not 100% gone yet. So I’m on my fourth antibiotics,  for 24 hours attached to IV and other equipment. It’s easy to get angry, sad and dissapointed, but instead, I am trying to see what these extra weeks here is giving me (endurance? more time to play with watercolor? help others somehow?)
I have been blessed with loving support from everyone here, and you guys from all over the world. I thank you every day for bringing me here. This is the perfect place. Thank you for those of you who’ve asking after me. Your loving thoughts keep me safe. And enjoy photos of your everyday life when you sent them to me too. 
With Love
Mari

親愛なる友人、家族、そして私の恩人の皆様、

自分の手術について FB に投稿しただけだったことに今気づきました。これが私たちの現在の状況の更新版です。実を言うと、本当に大変だったので、私が経験したことをあなたに課したくなかったのです。友達が心配して悲しんでいるのを見るのは私にとって辛いです。

良いニュースは、世界的に有名なコントレラス医師と彼の優秀で思いやりのあるチームのおかげで、私の手術がうまくいったことです。もともと私は、他のすべて(手術に耐える私の体の能力など)を犠牲にして腫瘍を完全に除去しようとするのではなく、「生活の質を向上させることを目指しましょう」と言われました。その代わりに、彼らは私の胸の腫瘍を100%除去することができました。これには誰もがとても喜んでいます。

それで最初の数週間は寝たきりで、合計すると1か月近く部屋から出ることができませんでした。足や手など、動ける範囲はすべて動かし、今では座ったり、短い距離なら歩いたりできるようになりました。これはここでの私の人生に大きな変化をもたらしました。

マイクがカフェテリアに行くたびにみんなと話してきたので、私が共用エリアに行き始めたとき、誰もがすでに私の名前と私が何を経験しているかを知っていました。これは非常に心強い環境であり、人々はそれを巨大な精神的サポートの網と呼んでいます。今週、私は階下でみんなと一緒に食事をすることが増え、再び人間らしくなったと感じました。

しかし、最初の手術以来、次から次へと複雑な条件が起こりました。詳細は省略しますが、主にこの感染症によるものですが、機械の手配違いだったりと、運によるものでもあります。当初の計画では2週間ほど前に退院する予定だった。むしろ、今はまだあと 20 日ほどかかるかもしれない。

これを聞いたとき、私は赤ん坊のように泣きました。しかし、天使が私のところに遣わされました。すぐに、私たちの部屋の向かいにある女性が偶然私たちのドアをノックし、私が泣いているのを見て、バルコニーに私たちを招待し、太陽の下で座っていました(私たちの部屋)持っていません)。彼女の94歳の夫も私たちに加わり、彼の勇気にも触れ帰る頃には私は笑顔になっていました。その後、とても良い友人になった人が私にアチューンメントとレイキの実践のトリートメントを提供してくれました。私が何年もやりたいと思っていたこと。彼女はレイキのマスターで、自分のパートナーに付き添って来ているので、「時間もあるし、してあげたいから」と頻繁に私にセラピーやレッスンをしてくれています。もう一人の特別な女性は、出会った瞬間からいつも私に励ましを与えてくれます。彼女はとてもポジティブで、何かネガティブなことに対して屈したり余地を与えたりすることを拒否して、とてもインスピレーションを与えてくれました。他にもたくさんあります。

治療法についてさらに詳しく知りたい方のために、私は体の残りの腫瘍に直接作用するオゾン治療と呼ばれるものも開始しました。当初の治療計画にはそれが含まれていましたが、彼らは私の手術が終わるまではやらないことを選択しました。その後、彼らは話し合って、実際に感染症にも効果があるかもしれないと考えました。

おそらく私が出発前に日本の病院で感染症にかかったのではないかと疑われているからです。いずれにせよ、この菌は(それが病院の菌の特徴なのだそうですが)抗生物質に対して非常に耐性があります。
それで、最初から2回の手術が必要と言われ、3種類の抗生物質を服用して感染症が治まるのを待ちました。組織検査が戻ってくるたびに、私たちは病気が治ることを祈りますが、医師は私の皮膚は非常によく治っており、細菌は非常に弱くほとんど存在しないと言っていますが、まだ100%消えたわけではありません。それで私は4回目の抗生物質を今回は24時間服用しています。

それは非常に困難でした。体にはあらゆる種類の機械が取り付けられており、じっと寝ているときは回転することができません。時々、私は閉所恐怖症と不安を感じ、太陽の光がほとんどない非常に小さな檻の中に閉じ込められているように感じました。私は気功や瞑想を実践しており、心を落ち着かせる方法を学んだつもりでした。まあ、それはある程度までには耐えられます。ただ痛みや不安が耐えられないほどすごいときは、そんなテクニックを思い出すまでに時間がかかるものです。とにかくほとんど部屋に閉じこもって、忍耐と忍耐の1か月間でした。

病院スタッフの方々の温かいサポートに恵まれました。ある掃除婦はいつも「昼も夜もあなたのために祈っています」と言ってくれますし、他の掃除婦は私に素敵なお見舞いカードをくれました。そしてもちろん、私がとても苦しんでいるときや不安を感じているときに手を握って一緒に座ってくれる愛する夫がいます。

私に「どうしている?」と尋ねてくださった方々に感謝します。あなたの愛ある思いが私を守ってくれます。