Hello, the Oasis of Hope

On Thursday morning, the driver from the hospital picked us up at the hotel, and we crossed the border in what felt like 10 minutes!

 

Then after a short 30 minute drive, we arrived at the Oasis of Hope!

 

After a quick briefing and registration we went down to the cafeteria for lunch. There is a very good salad bar.

 

 

The basic food all vegan, although today I was told I will be given animal protein based on my blood test result… as I still am slightly anemic apparently.

 

Then we met with a doctor who asked us a list of questions and gave a very thorough physical check- literally from the top of my head to the tips of my toes.

After everything he gave a prayer for my healing, which I thought was nice. I know a lot of people are rather ‘allergic’ to religion, but I’ve always been relatively comfortable with basic religious teachings that try to help humanity. Well as long as it’s not so extreme or harmful to anyone. So I prayed with the doctor for my healing.

 

Then I started my treatment straight away.

Then a quick supper and time for bed. My first day. So far so good, everyone is very friendly and we are well taken care of. I am very grateful to be here.

 

木曜日の朝、病院の運転手がホテルまで迎えに来てくれて、10分ほどで国境を越えました。

 


米国からメキシコへの小切手はありません。 「疑わしいと思われる場合に限ります。」私たちの運転手によると。

そして、30分ほどドライブして、オアシス・オブ・ホープに到着しました!

タコススタンドなどが立ち並び、地元のにぎやかなエリアの中にあります。

 

簡単な説明と登録の後、昼食のためにカフェテリアに行きました。とても良いサラダバーがあります。

食べ物はとても新鮮です。ここではすべてがゼロから作られています。

基本的な食事はすべてビーガンですが、今日は血液検査の結果に基づいて動物性タンパク質を与えると言われました…どうやらまだ少し貧血があるようです。

それから私たちは医師に会いました。医師は私たちに一連の質問をし、文字通り私の頭のてっぺんから足のつま先に至るまで、非常に徹底的な身体検査を行いました。

身体検査の後、彼は私の病気が治るように祈りを捧げてくれました。それは素晴らしいことだと思いました。多くの人が宗教に対してむしろ「アレルギー」であることは知っていますが、私は人類を救おうとする基本的な宗教の教えには常に抵抗はありません。まあ、それがあまりにも極端であったり、誰かに害を与えたりしない限りは。それで私は医者と一緒に病気が治るように祈りました。

それからすぐに治療を始めました。

まるでシアタールームのような空間でビタミンとミネラルの点滴。

それから簡単な夕食をとり、就寝の時間です。私の初日。今のところはとても順調で、みんなとてもフレンドリーで、よく世話をしてもらっています。ここに来られてとても感謝しています。

We arrived at San Diego

Dear friends, families and everyone (日本語のGoogle翻訳は下にあります)

 

I hope this article finds you well and in good spirit. Thank you so much for supporting me and Michael, we are truly grateful for your kindness and compassion. I am writing this blog for people who are cheering for me so you can check up this place if you ever wonder how I’m doing. (In case you don’t know my situation, you can find the background here.

 

As I am writing this Mike and I are in San Diego before heading to the Oasis of Hope on Thursday morning. We arrived last night and today we are resting. The two flights (connecting in Honolulu) were rather tough for me, but thanks to your help I was able to at least fly on Business/First class, where I could lie down flat. I don’t think I could have made it otherwise.

 

The hotel we are staying is in an area called Gaslamp Quarter and it looks like an interesting historic area. I say it looks like, as I couldn’t walk around to check out the area as I was in pain I had to turn around outside the hotel. But Mike brought us back some lunch, and we had it at the rooftop balcony.

 

Rooftop of Gaslamp Plaza Suite. Nothing fancy, but friendly and clean. Apparently it was a bank before. Built in 1930s, it was a skyscraper then.

 

Since I am bed-ridden, I thought to talk about pain here, as friends and families worry. A lot of people react with fear (or horror?!) when I say I’m in pain. Of course I’d rather not be in pain, but the way I see it is that it is a sign from the body, telling us that there is a place that needs to be taken care of. In the last year I’ve learnt some techniques to manage pain, both physically and mentally, and it helps. One thing I learnt for sure, is that fear makes pain worse.

So I try not to imagine the worst when pain takes place, and instead, think of my cat lying on a soft cushion or my dog doing something silly or cute. Sometimes moving your muscle can also relieve pain, which may be counterintuitive. This works with a lot of situations actually…!

 

My cat and dog. San the cat is very supple and soft…  and relaxing your body is the best thing for pain (or any other alignment).

 

More later, we are being picked up by the hospital (top-notch service!) on Thursday morning to head to Tijuana. The Oasis of Hope, literally for me.

Thank you for your support.

Mari

 

親愛なる友人、家族、そして皆さん

 

この記事があなたに元気を与えてくれることを願っています。私とマイケルをサポートしていただき、本当にありがとうございます。あなたの優しさと思いやりに本当に感謝しています。このブログは私を応援してくれる人たちが、私の様子が気になった時に覗いてみてもらえるよう書いています (私の状況をご存じない方のためは、ここに背景があります。

 

これを書いている今、マイクと私はサンディエゴにいます。木曜日の朝にオアシス・オブ・ホープに向かう前に2日の休憩です。昨夜到着し、今日は休んでいます。 2つのフライト(ホノルルでの乗り継ぎ)は私にとってかなり大変でしたが、あなたの助けのおかげで、少なくとも横になれるビジネス/ファーストクラスに乗ることができました。そうでなければ無理だったろうと思います。

 

私たちが泊まっているホテルはガスランプ・クォーターというエリアにあり、歴史的にも興味深いエリアのようです。痛みがあってホテルから出られないので、「ようです」という表現ですが。。。でもマイクが昼食を買ってきてくれたので、屋上のバルコニーで食べました。

 

写真:ガスランププラザスイートの屋上。派手なものは何もありませんが、フレンドリーで清潔です。以前は銀行だったそうです。 1930年代に建てられたもので、当時は超高層ビルでした。

 

私は少なくとも今日はおそらくずっと寝たきりなので、ここで痛みについて話そうと思いました。私が痛みを感じていると言うと、多くの人は恐怖(またはホラー?!)の反応をします。もちろん痛みは無いに越したことはありませんが、それはケアが必要な場所があるという体からのサインだと私は考えています。昨年、私は肉体的にも精神的にも痛みを管理するいくつかのテクニックを学び、それが役立っています。私が確かに学んだことの 1 つは、恐怖は痛みを悪化させるということです。

ですから、痛みが生じたときは最悪の事態を想像しないようにし、その代わりに、柔らかいクッションの上に横たわっている愛猫や、何か愚かなことやかわいいことをしている愛犬のことを思い浮かべるようにしています。直感に反するかもしれませんが、筋肉を動かすと痛みが軽減される場合もあります。これは実際に多くの状況(怒り、悲しみなども)で機能します…!

 

写真:私の猫。彼女はとてもしなやかで、痛みには体をリラックスさせるのが一番です。

 

またアップデートします。私たちは木曜日の朝に病院のドライバーが迎えに来てくれて(一流のサービス!)ティファナに向かう予定です。文字通り私にとっての希望のオアシス。

感謝をこめて

マリ